えっ、はしか・・・?

tokai-tv.com

ちなみに今の子供は全員無償でMRワクチンを受けられます。具体的にいつからかは知らないけれど、少なくとも現在高校生くらいまでの子供は全員無償で受けることができているはず。

もちろんちゃんと摂取に行っていればですが。そうですね、この制度のよくないところは任意接種だというところなんですよね。いっそのこと義務にして、拒否した場合は保護監督責任違反の罪にでもするべきだと思うんですが、なぜそうしないのでしょうか。

で、まあほぼ間違いないとは思うのですが、このはしかにかかった小学3年生はきっとMRワクチンを接種していません。頭がおかしい親はさておき、子供が不憫でなりません・・・。だって、子供にはそんな知識がないから判断ができないわけで、頭のおかしい親の判断がそのまま子供に降りかかるわけですよ。親自身がはしかにかかるならザマァミロで済みますけど、子供が罹患して後遺症でも残ったら目も当てられないじゃないですか。

こういうのって別にワクチンに限らず随所に見られるのですが、この根本にあるものって統計的推察力の欠如だと思うわけです。万が一そうなったらどういうことが起きるのか、というワーストケースのシミュレーションは常にする癖をつけておいた方がよいかなと思います。