日本語が崩壊している

なんだかんだで近くにはスーパーがないので、ちょっと1個だけ何かが欲しいとかだとマンションに併設されているコンビニみたいなスーパーをよく使います。多少割高なのでまとめ買いをするときには絶対に使わないのですが。

で、昨日もカルピス(子供用の飲み物として)を切らしてしまったので、それを購入しにいったわけです。そうするとレジでいつも聞くあの言葉がやってきます。

「レジ袋はお付けさせていただいてもよろしいでしょうか」

初めて聞いた時からその違和感はあったのですが、特に何も言わずにスルーしていました。昨日はとうとう我慢ならずに・・・とかではなくて昨日も華麗にヌルーしましたけどね(笑)。

なんていうか「なんだかよく分からないけれどとりあえず謙譲しておけばいいんじゃね?」とかいう謎の日本語がそこかしこで飛び交っているような気がして、日本人が日本語をうまく使いこなせないならそれは日本人の知能レベルが下がっているか、あるいは言語が複雑すぎてうまく扱えないかのどちらかだと思うんですよ。個人的には謙譲語なんてなくてもよいと思っているので、僕は後者であると信じたいです。

ちなみに先のレジ袋、正しくはどう言うか分かりますか?そうですね、

「レジ袋はご入用でしょうか」

が正しい日本語です。最初のでも意味は通じますが、外人がしゃべっているわけじゃないですからね・・・。というか、これってマル〇ツの教育方針なのでしょうか?

※ちなみに気が付いた人もいるかも知れませんが、この記事の標題の日本語もおかしいです(笑)