ほほう、国債格下げときましたか

こりゃまた香ばしいニュースがやってまいりましたよ!(笑)

jp.reuters.com

これっていったい誰が言わせているんでしょうね。やっぱり消費税を上げたくて仕方がない財務省なのでしょうか。まかり間違っても麻生さんが自分で考えて発言しているとは思えないですからね。

あまり詳しくない方に簡単に説明いたしますと、国債の格付ってやつは要するにその国債の安全性(国が破綻しないか)というものを示しています。あまりアテになりませんけど(笑)

えっ?何がアテにならないんだって?あなた、株のストラテジスト(笑)が目標株価いくらとか言って当たった試しがあるとでも?あんなの所詮人間が決めているわけであって、そこに恣意的な何かが存在している以上は目安でしかないんですよ。

さてさて、話を元に戻して・・・。

何が香ばしいかというとですね、現在、日本国債というのは95%以上が国内で購入されているのです。つまり、仮に国債の格付が下がって売りが出ると言っても、売ってくるであろう外貨建ての日本国債というものは元からほとんど存在していないのです。むしろ仮にそんなことで売ってきたら国内の金融機関がヒャッハーとか言いながら全部買い漁っていきますぜ。つまり、日本国債にとっては格付なんてものは全くもってどうでもいい存在なのです。なぜなら日本円で日本国債を買うという内需として循環しているからです。

これが外貨建て国債があると大変なことになるわけです。格付が下がったことによる国債売りからの暴落~通貨暴落~デフォルトというシナリオは普通にありえます。でも、少なくとも日本国債に関してはそのシナリオは100%ありません

こんな記事を見て「よし、やっぱり消費税あげないとダメだよね!」とか同調したらあなたも同類ですよ!いやしかし政治家たるものがそんなことすら知らないのかなぁ・・・知らないかも知れないなぁ・・・。