昔から何も変わっていない日本のクソ選挙

www.jcp-kanagawa.jp

今朝、通勤で横浜駅の東口を通ったらこんなのを見かけた。このキャッチコピー自体は前から知っているけれど、しかしまあよくもまあ恥ずかしげもなくこんなことを言えるものだ。

えっ?

僕は別に24時間働きたいわけでもなんでもないですどころかむしろ働きたくないでござるわけですが、それにしてもお粗末すぎる。

いいかい、あなたたちが言っているその「8時間働けば普通に暮らせる社会」というのは、いわゆる目指すべきゴールなんですよ。しかもそれなりに高度な位置にある目標なのです。違う形で例えてみると、「僕たちはまだこの世にないものを作って人々の暮らしを豊かにします」みたいな感じですかね。う~ん、ちょっと分かりづらいか。

こんな蜃気楼を掴むようなことを言ってみたところで「ふ~ん、どうやって?」と突っ込まれるのが関の山です。そういってもらえるだけマシかも知れなくて、ヘタしたらガン無視の完全ヌルーですよ。そんな上辺だけの話で飛びつこうものならどう考えたってそこらへんのよく分からないツボを100万円くらいで買わされるカモです。

ですので、その次の段階としてプレゼンテーションというものがあるわけです。プレゼンテーションをすることでその高い目標に向かって「具体的にどうやって実現するか」を語るんですよ。ゴールの姿だけをひたすら念仏のように唱えたところで何の説得力もありません。

ということを政治家は分かっていないのでしょうか・・・。一度民間企業でちゃんと修行してみてはどうでしよう?このままでは永遠に野党ですよ。いや、でもあれさ、僕はきっとあのままでいいと思ってやっているようにしか見えないんですよね・・・どうなんですか?