いや、ちょっと遅くね?

www3.nhk.or.jp

僕はどストライクで氷河期世代なんですよね。

・・・と思っているんだけど、あらためて氷河期世代の定義を調べてみることに。

ja.wikipedia.org

Wikipediaによると、

バブル崩壊後の就職が困難であった時期(1993年から2005年卒と定義されている)を指す語。

そうかー、僕は1996年卒(1年留年しているからね(笑))だからモロにヒットしているなぁ・・・。

思い返せば大学1年生のころ、郵便局の前を通ると「定期預金7%」とかデカデカと貼ってあったものです。7%っていうと、72の法則から言ってほぼ10年で2倍になりますね。10年間続かなかったけど。

zuuonline.com

ところでここまでの引用であまり実感がないように聞こえるのはなぜかと言うと、実は僕はあまりマジメに就職活動をしなかったからなのです。もうあまり覚えていないのですが、毎日のように呆けてパチンコ屋に行くぜ~みたいな調子でいたら、ある時「就職活動ってしてる?」と聞かれたんだったかな。僕はそもそも就職までのあらゆるお世話って大学がやってくれるものだと思っていた(実際、大学の推薦であればそうなのですが)ので、推薦ではない企業に応募するのであれば自分でやらないといけないということを認識していなかったんですよね。アホ大学生ここに極まれりって感じです(笑)

そこで慌てて行きたい企業を調べるわけですが、パチンコ大好きだったのでダイコク電機に応募しようと思ったわけですよ。ところがすでに応募の締切を過ぎていて、その場で電話して謝り倒しながら企業説明会に応募したような記憶があります。このあたりのことは機会があればまたお話することもあるかも知れません。

幸か不幸か、僕は昔からそんな感じで好きなことしかやってこなかったわけですが、それが現代の高度技術化においてなんだか良い方向に振れちゃっていて未だ現役で活躍できているわけですが、こんなのは本当に運が良かったとしか言いようがないです。ちなみにパチンコずっとやっていたのも確率統計の勉強には非常に役に立ちましたよ(笑)

www3.nhk.or.jp

話を最初に戻すと、さすがにこれは遅きに失したんじゃないですかね・・・。何もしてくれないよりははるかにマシかも知れませんが、仮にこのフォローアップでうまくいったとしても今より生活が若干マシになるくらいで失われた時間は二度と戻ってこないわけです。あと10年早くフォローアップしてくれれば子供を作って育てることもできたかも知れないのに、40代でそれをやるには不可能に近いくらいハードルが高いわけで、そんなつもりはなかったのに自分の代で家系消滅とか考えると悔やんでも悔やみきれないでしょう。

というか、公務員の枠なんていったいどれくらいあるのでしょうか?

www.asahi.com

僕ら氷河期世代って団塊ジュニアと言われてるくらい人数が多い世代なんですよね。高校受験も大学受験もものすごく倍率が高くてそこで泣いた人たちも数知れず。それを頑張って乗り越えたら就職できませんでしたっていったい何のためにこの世に産まれたのか分からないぜという人たちは大勢いるわけですよ。まったく最初から今までいいこと一つもありゃしねぇ(笑)

一人でも多くの氷河期世代が救われますように。