何事にも適量というものは存在する

過ぎたるは猶及ばざるが如し。

昔の人はとてもいいことを言いますよね。僕はこういうの大好きなんですよ。

まあ、割と身近なところだとブラック労働なんてのはその最たるものかもしれませんが、意外とこういうところにもあるんですよね、というのが先程見かけたツイートです。

 こういう特定の集団なんかにも言える話で、これは要するに

ハラールに個別に対応することは現実的には無理なのに現場の努力でなんとかしている」

ということですよね。僕はこういうケースってのは対応しなくてもよいと思っています。だって、あなた、アメリカに行って向こうでクッソまずいラーメンが出てきた時に

「こんなのラーメンじゃないよ、ちゃんとした日本のラーメンを出せ」

って言いますか?言わないですよね。そういうのを郷に入っては郷に従えと言うのです。それは決してマイノリティーを無視しろという意味ではなく、そこまで配慮することができないから申し訳ないけれど今の形で我慢してねということなんですよ。

昨今、どうもマイノリティーの立ち位置を履き違えている人が多くなりすぎてきている気がするんですよね。ある集団において、その集団に負担にならない範囲でマイノリティーを抱えることに対しては誰も文句は言わないし、誰も何も言わないと思います。だけど、そのマイノリティーの存在が負担になるレベルのものであれば、それは負担にならないように母集団に従うか、さもなければ去るしかないでしょう。そこで無理に居座れば、待っているのは全滅です。先程引用したツイートでいうと、負担が続いた結果、給食そのものがなくなってしまったとなるパターンですね。日本人が大好きなやつです(笑)

分かりやすいところでいうと、先日の避難所における浮浪者の扱いなんかがいい例じゃないでしょうか。浮浪者なのでお世辞にもキレイじゃない、じゃあ彼らのための個別のスペースを用意できるかというとそれはできない。だとしたら、申し訳ないが浮浪者には去ってもらうしかないわけですよ。それをなんでもかんでも人権を持ち出して平等に扱わないといけない、というのはさすがにちょっと無理があります。まあ、あなたが勝手に保護するのは勝手ですが僕は負担になるのでイヤですw

このように「自分の負担にならないレベルで留めることを常に選択する」というのは割と重要なことでして、例えば僕の身近な話でいうと、親の介護が必要になったときにどうするかと言われると、僕は「自分の子供と親と両方を面倒見ることはできないので、将来のある子供の方を優先する」となるわけです。もし本当にその時が来たら僕はちゃんとそのように言いますし、僕がそういう考え方であることは母親はなんとなく知っています。

昔からよく言われますが、日本人は一人生き残るくらいなら全滅を選択するという民族らしいです。先程の例でいうと、親も子供も面倒を見て最終的に自分が倒れる(そして子供も路頭に迷う)みたいな感じですかね。そんなの美しくもなんともないので僕は一人でも生き残りますよ、ええ(笑)

大企業なんか見ているとその傾向がよく見えますよね・・・。

 

 

 

 

ああ、大戸屋・・・

www3.nhk.or.jp

へぇ(なんだよその始まりかたはw)

いや、大戸屋って子供が産まれたばかりのころはよく利用していたんですよ。お弁当のテイクアウトで、ですけど。まだ鳥取にいるころのお話です。他ではなかなか食べられない焼き魚などの和食が食べられるので個人的には好きなお店ではあるんですけどね。

だがしかし!

maonline.jp

なんだか知らないところでお家騒動やっていたみたいですね。ああ、これだから家族経営は・・・な~んて、一般の人にはどうでもいいお話ですよね。ちなみに僕にとってもどうでもいいお話です。だって、別に株主でもなんでもないですから!

という超どうでもいい伏線を張った上で、ですね・・・

大戸屋は、ことし2月にアルバイト従業員が不適切な動画をネットに投稿した問題をきっかけに利用客が減少し、この問題が発覚して以降、毎月の売り上げが前の年の同じ月を下回る状況が続いています。

う~ん・・・それって本当に因果関係あるのかい?

ここでさっきの超どうでもいい伏線が効いてくるわけですが、だいたいお家騒動とかで内部が揉めていると影響力の高い人達って指揮が落ちるんですよね。そういうのって割と現場にこういう形で影響が出たりするものなんですよ。ちゃんと調べたわけではないですが、この内部で揉めている間は離職率が高かったりしたのではないでしょうか。

あとそこにさらに上乗せで因果関係があるかどうかは分からないですが、つい最近大戸屋に食べに行った妻からの情報によるととっても不味かったらしいんですよ。大戸屋ってあの手のファミレスチェーンの中では一回り上に抜きん出ていた感じがあって、不味いという感想が出てくるなんて夢にも思わないわけです、価格帯的にも。

ただ、こちらに関しては上昇する人件費に対して、元から(競合のチェーン店から見ると)そこそこの高価格帯で展開していた関係上、人件費が上がったからといって単純にこれ以上価格を上げるとファミレスとしては高価になりすぎて客離れを起こしてしまうので価格転嫁したくてもできず、結果としてクオリティを下げることでしか維持することができなかった(でも不味くなったので最終的にはやっぱり維持できなかった)という可能性もおおいにありえます。というか、僕はむしろこっちの要因のほうが強いんじゃないかなーと思うわけです。じゃないとおおよそ不味いなんて感想が出てくるはずがないわけで。

いや、でもよくよく考えたら大戸屋よりもはるかに高い価格帯で営業しているチェーン店ありました。ロイヤルホストってのが。

結構岐路に立たされている感じはありますが、コロワイド傘下に入ってしまったのであれば規模と金にモノを言わせてジャンジャン増殖する可能性はありますね。フレッシュネスバーガーがそうであるように・・・。

もうそろそろ楽にしてあげなよ・・・

安楽死じゃないですけどね(笑)

biz-journal.jp

元社員としては正直こういうニュースを見ると辛いわけですよ。なんだかんだで気になって見るわけですが、昨今のウェブニュース系は見た記事を元に表示されるわけでして、見れば見るほどもっとその手の(辛い)ニュースが表示されるという画期的なシステムになっていて神様もビックリです(笑)

そもそもにおいて、今回仮に資金調達がうまくいったとしてどのような業績回復シナリオがあるのでしょうか?少なくとも僕には全く思いつきません。まあ、ぺーぺーの僕なんかでは考えもしない画期的なV字回復シナリオがあるということにしておきましょう。

その一方で、まだまだ当時の同僚や一緒に仕事をした人たちがいっぱい残っているわけでして、潰してしまうというのもそれはそれで見るに堪えないなぁ・・・とも思うわけです。

諦めが悪いと言うのも、ちょっと言い換えて粘り強いなんてと言うと聞こえがいいですが、それも程度があって見込みのないものにいつまでも突っ込むのは褒められたものではないです。行き過ぎた典型的なダメパターンがストーカーとか塩漬けとかなわけでして。もちろん、最後の最後まで結果なんてのは誰にも分からないので大逆転が絶対ないとは言わないですが、限りある人生においてあまりにも分の悪い賭けばかりするのは精神衛生上もよろしくないと思うわけです。

えっ?分がいいか悪いかなんてどうやって見極めるのかって?そんなのは業界に長くいれば何となく分かるんじゃないでしょうか。少なくとも今のJDIがBoEなどの巨大企業に勝てるかというとほぼ100%勝てないでしょう。でも勝てないこと自体はたいした問題ではないんですよ。重要なのは、勝てないなら勝てないなりに立ち回る術があるかどうかということなんです。例えばアップルに高値で買ってもらっているから大丈夫、とか。

でも残念ながらそういうのもないですよね。車載もそこまでのものではないですし。となると、やっぱりどう控えめに見繕ってもここから復活することに賭けるのは分が悪い賭けと言わざるを得ないわけです。楽に行きたいのであれば分のいい賭けだけしたほうがいいです、ホントマジで。

テレビを見ていると、よくこういうの見かけるじゃないですか。貧乏な家に生まれて、お金も教養も全くなかったけれど、なけなしのお金で何か(例えば海外でピアノとか)が成功して人生大逆転したってやつ。ああいうのがなぜウケるかというと分の悪い掛けに勝ったからなんですよ。だって、同じところを目指している金持ちも教養のある人間も山程いる中で、たまたま何かの偶然だかなんだかでそいつらを出し抜いてうまくいってしまったわけですよ。言うまでもないことですが、その裏には同じように挑んでいって散った人たちが死屍累々なわけです。運も実力の内とはよく言ったもので、別にそれ自体はなんら否定することでもなんでもないわけですが、あんなのに感動して俺もやってみるかなどと真に受けるのはさすがにちょっと知能が足りないと言わざるを得ないでしょう(笑)

あと、なぜか分からないですが、同じように分の悪い賭けである宝くじはなぜか当たっても感動されません(笑)。いや、なんでなんだろうなぁ・・・人生における割と疑問な部分です。

話が逸れましたが、俺はこの分の悪い賭けに勝ってみせるなんてしょうもない妄想はそろそろ止めることをぜひ提言したいと思います。

 

民度は下がってきているのか?

togetter.com

まあこんなのアホかと言ってやればいいと思うんですけどね。コミュニケーションというものが何なのか理解できていないからこういうことになるんですよね。

さてさて、ところでこれってやっぱり昔に比べて民度が下がってきているのでしょうか?と考えたときに僕はNOだと思うわけです。

え?どういうことかって?だって明らかにこういうクソみたいな輩が目につくじゃないかって?これをどうやって説明するんだって?

それは技術の進歩により人間がいろいろなことをできるようになった結果として可視化されただけで、昔からこういった人間の比率なんて実はたいして変わっていないと思われるわけですよ。

推測だけど人類におけるクズ人間比率の推移とかいう統計データきっとないと思うからさ・・・。

具体的にどういうことかというと、引用の例で言えば外で気軽に音楽が聞けるようになったのなんてつい最近のことなんですよね。結局、それまでは外で音楽が聞けなかったからそういうクズさが外で露呈しなかっただけのことなんですよね。どう控えめに考えたって、コンビニで、コンビニの店員に対してだけそういう行動を取るとは考えづらいですからね。

歩きながらイヤホンをするというのも周りの音がほとんど聞こえなくなるし平衡感覚も狂うわけで、個人的には完全NGの行動ですね。それに後ろからスプラッシュボム投げられても全く聞こえないですよ(笑)

ということで、結論としては昔からそんなに変わらないんだよというお話でした。

走れども走れども我が体重楽にならず

体重が楽にならず、って要するに体重が減らないってことなんですけどね(笑)

自分としては結構走っているつもりなんですよ。土日は可能な限り走るようにしているので、週に3日は走っていることになるわけです。もちろん今朝も走ってきました。本当は夜走りたいんだけど、だいたい酒を飲んでいるので走れません(笑)。それはさておき、そのたびに結構汗だくになるわけでして、これで体重が減らないわけがないでしょ(酒飲みすぎとか言うな!)と思っているんですが、実際は一向に減る気配がないわけです。

いや、決してお酒飲みすぎじゃないですよ・・・きっと・・・

コトの発端は去年の1月に引っ越しをしたあたりからです。たしかその前、一昨年の11月くらいまではずっと体重72Kgくらいを保っていました。僕の身長から算出する標準体重が69.7Kgなのですが、このくらいの上振れであればまあ許容範囲かなと思えるラインなのでそれ以上無理に減らすこともしていなかったわけです。

ところが引っ越しをしてから体重を測るとなんと77Kgもあるわけです。引っ越し前後はあまりこまめに見ていなかったので推移はよく分かっていないのですが、僕はそれを見た時に「これは今まで1階で測定していたものが7階で測定しているから増えたに違いない」とか意味不明な理屈を考えて現実逃避しようと必死(笑)でした。だがしかし、現実にはそんなことはあり得るわけがなく1階(銭湯とか)で測っても同じ結果でした。

ちなみにもし地面よりも相当高い位置に居住していることで本当に体重が変化するのであれば、気圧の関係で軽くなると思われます。(たぶん。実際には床があるし、きっと建物内は気圧コントロールされているのでタワマンの最上階であっても変わらないと思います)

ちなみに現実逃避をしようとしたのにはそれなりに根拠があって、5Kgも体重が増えているわりには着られる服のサイズが全く変わっていないのです。今まで履いていたジーンズも普通に履けるのです。

ということは、もしかして筋肉が増えたのか?!とかも考えたわけですが、別にそんなに筋肉がモリモリ増えるような筋トレはしていないしなぁ・・・たまに腕立て伏せとかやりますけど、せいぜい現状維持程度じゃないかと思っています。

となると、残された可能性としては歳を取って基礎代謝が減っているから食べすぎなのかなぁ・・・というところなのですが、その線で考えてもやっぱり何かがおかしいんですよね。だって、あのショッキングな事実(笑)が判明してからかれこれ1年以上経過しているのです。特に食べる量を減らしたつもりもないので、もし本当に「基礎代謝が減っているにもかかわらず食べすぎている」のであれば今頃もっと体重が増えているはずです。でもその頃と変わらず、今もずっと77Kg前後を維持しています。

てなことを今朝ランニングしながらずっと考えていたわけですが、色々と思いを馳せているうちにあの劇的に体重が増えたタイミングで変化があったことを思い出したのです。

そうだ、僕はあのあたりから自転車通勤(シェアサイクル)するようになったんだよ。ということは・・・この体重の増加ってもしかしてもしかすると(主に)足の筋肉が増えたってことか?

これなら全てのことが辻褄が合うんですよね。いや~、腑に落ちたよ。

ということで、運動するのが面倒な人はシェアサイクルでの通勤がオヌヌメです。電動アシストなのですが電動でもそこそこペダルが重いので、やっぱりそれなりの運動量なんでしょうね。(たまに電池切れの時はさらに重い(笑))

なお、本当にそうなのかは分かりませんので自己責任でお願いします(笑)

過去最大級の台風に思いを連ねる

いや、先日の台風は凄かったですね。引用しようと思って検索したら早くもWikipediaデビューしてましたよ(笑)。

ja.wikipedia.org

被害とかなんとかの話はそこらじゅうで語られているので、今さらそれらのことについてどうこう言うつもりはないです。被災された方はご愁傷様です。

ところで過去最大級のなんとかかんとかとかボジョレーヌーボーみたいなことを言っていますが、僕が思うに今後もどんどん更新されていくのはほぼ間違いないと思うわけです。要するにほぼ毎年、過去最大級の台風が来ることになるわけですよ。いつまで続くかは知りません。日本が沈没するまでかな?

ま、理由は言わずもがな、人類が増えすぎた(高度経済化した)ことによる環境破壊ですよね。そういえば40年前の8月の気温って見たことありますか?僕がちょうど小学校1年生の時ですね。

weather.goo.ne.jp

なんと平均気温は30℃もないんですよ。つたない記憶を辿ってみると、30℃を超える日が稀にあって、その時は暑い暑い言いながら上半身裸でそこらじゅうを走り回っていた記憶がうっすらとですがあります(笑)。ずっと記録を見ていくと、夏なのに22℃しかないとか今のご時世では信じられないですよね。これが環境破壊の結果です。

そうは言ったところで今さらこれをどうこうできるわけもなく、できることとしてはこの環境破壊された環境下で発生する自然災害に耐えるような住環境を作るしかないわけです。

となると、もはや現代においては木造の一軒家を建てるというのは愚策でしかなく、古き良き日本の伝統は環境破壊された環境下では機能しなくなってしまったと割り切るしかなさそうです。残念な話ですが、環境が変わってしまったことで使えなくなるというのはコンピューターの世界にはよくある話であって、別に今回のことに限った話でもありません。

最近の一軒家は軽量鉄骨が多いみたいなので木造よりはマシなのかも知れませんが、先日の台風を見る限りでは重量鉄骨一択しかないでしょう。接地面積の点からも大型の重量鉄骨マンション以外に選択肢はないと思ったほうがよいです。

もう一つ大事なことがあります。立地ですね。

news.tbs.co.jp

二子玉川多摩川などの近くにあって浸水の危険度が高い地域がなぜこんなに発展したのか・・・まあデベ(マンションディベロッパー)の宣伝が上手だったんだろうな~くらいしか思いつかないわけですが、その昔のブログにも書いたように

世の中なんて人を騙してナンボの商売ばかりだからな!

と言うのは、もうほんの少しだけでも肝に銘じておくとよいとは思います。

僕はいろいろとあってみなとみらいの近隣に住んでいるわけですが、このエリアだけは避難勧告がありませんでした(携帯へのアラート自体はありました)し、実際浸水被害などはどこにもありませんでした。みなとみらいに至っては次の日に見に行きましたが、「は?台風?なにそれ?」みたいな感じでしたよ。地下の駐車場も見に行きましたが、水が流れ込んだ形跡はどこにもありませんでした。

正直なところ、そこまでのことを考えてこの土地を選んだわけではないのですが、改めてこの区域の作りの凄さを見た次第です。

さて、そんな僕ですが、こういう災害が起きた時にはいつも必ずすることがあります。ボランティア?いえいえ、そんなこと素人の僕がやるわけないじゃないですか。こういう時は被災した地域にお金が落ちるようにその地域のモノをできるだけ買うようにしています。

ということで本日も

f:id:yoshihiro0709:20191017001946j:plain

長野県産のブドウを買ってきました。

少しでも復興にお金が回りますように・・・。

 

 

 

所詮安いサービスと唾を吐くか、サービス業の質の低下を嘆くか

先月末くらいに自宅のすぐ近くにベイバイクの駐輪ポートができたんですよ。

docomo-cycle.jp

今まで横浜駅まで歩いて行っていた(帰りはだいたい地下鉄に乗る)ので、やったぜ!と言わんばかりに定期契約したわけです。ちなみに今までも使っていたのですが、使うと言ってもせいぜい会社帰りに直接マークイズに行くとかワールドポーターズに行くとかくらいなので、とても定期契約するほど乗らないのでスポットで使っていました。

docomo-cycle.jp

シェアサイクルは使うためには登録が必要です。また、Suica/PASMOのカードやおサイフケータイなどのNFCを使った会員証を作ることでタッチするだけで乗ることができるようになります。そのあたりのことが上記に書いてあるのですが、僕はもちろん会員証をおサイフケータイで登録しました。

なお、今でこそ割と広域に自転車が使えますが、サービス開始直後はエリア毎にアカウントと月額料金が必要でした。僕はそのころに登録したので東京都(大田区)のアカウントと横浜市のアカウントの二つを持っています。もちろん二つともNFCに登録しましたよ!(ここメッチャ重要です)

docomo-cycle.jp

ところがいつからか東京都だけではなく、東京都以外のレンタルサイクルも東京都のアカウントで借りられるようになっていたのです。なんでいつの間にかなのかって、こういう重要な変更っていうのは通常メールで通知したりやアプリのトップページで通知したりするのが常識ではないかと思うのですが、この変更に係る通知というのを僕は見た記憶がないからです。docomoさんどういうことですかね。まあ、メチャクチャ致命的でもないからどうでもいいと思ったのかも知れませんが。

で、で、で、きっと変わったのはこの変更が行われたあたりではないかと思われるのですが、今までCycleShare(東京都)とBayBike(横浜市)でバラバラに来ていた利用料金の通知がCycleShareだけで利用料金の通知が来るようになりました。先のアカウント共通化の話を知らなかったので、「母体はきっと一緒なのだろうから請求が一緒になったんだろうな」くらいにしか思っていなかったのですが、つい先日、なんとBayBikeとして登録したNFC会員証が(おそらくアカウント共通化のタイミングで)無効になっていたので、アカウントを共通化した東京都のCycleShareのアカウントでBayBikeを借りたことになっていたということに気が付きました。なんで気が付いたかってそりゃもちろん

「BayBikeを定期契約して乗りまくっていたら全部CycleShareでスポットで借りたことになっていて利用金額がありえない(と言っても月末だったので1,000円程度多かっただけですが)ことになっていたから」

です。いや、月初から借りなくて本当によかった・・・。

ということで、このことを最初から時系列を整理してメールでクレームを出したわけです。少なくとも、このNFCの会員登録が勝手に無効になっていたなんてのは明らかな事業者の瑕疵です。システムの都合でどうしても一回無効にならざるを得ないのであれば、しつこいくらい周知すべきだと思うのですがそんな通知は見たことがないわけです。だって請求を見るまで気が付かなかったわけですから。

ところが返ってきた返事は

東京のアカウントについては、主に月額会員でのご利用が継続的に行われておりました。

横浜のアカウントについては、昨年11月にご利用が確認でき、以降、お客様が9月に月額会員に

変更されるまで、登録は『1回会員』での登録が確認できました。

※当該期間において、月額基本料金は発生しておりません。

 

従って、お客様が横浜エリアをご利用された場合、横浜の1回会員でのご利用となり、

今回のご請求となります。

※料金の修正等は致しかねます。

 全然僕が書いたことを理解していない・・・。僕が言いたかったのは、(おそらく)あなたたちのシステムの都合で勝手に会員証が無効になってしまい、それを僕に通知しなかったために月額会員だと思って利用したレンタルサイクルが実はスポット利用になっていたということなんですよ。

この返信を見たときに、怒り狂うでもなんでもなく、昨今派遣ばかりでちゃんとその場で長く学ぶことができないからそもそもサービスやサポートというものが理解できていないのではないかという落胆と、いやいや所詮月額2,000円程度のサービスにそんな手厚いサポートを期待するほうがそもそもの間違いだという割り切りが同時に襲ってきたわけです。 

結局この全く理解できていない返信には何もしていないのですが、クレーマーではないお客様から学ぶことというのは決して少なくないと思うんですよね。

ま、どうでもいいか(笑)