なんでこんなものが流行るのか

news.nifty.com

正直なところ、こんなものが流行る理由がま~ったく分からないです。そんなこと自分で言えばいいだけじゃないの?と思ったら、なにやら自分で言っても相手にしてもらえないとか丸め込まれるとか無視されるとか・・・はぁ?って感じですね。

それってつまるところあなたが無知なだけなんですよね。上記の例でいうと、例えば「相手にしてもらえない」のであれば、内容証明郵便を会社に対して送付したあと、取り合ってもらえないと労働基準監督署に行けば一発でアウトです。他のも全部そうで、丸め込まれたりなんだかんだ言われるならスマホで録音しておいてそれを労働基準監督署に持っていけばいいだけです。

あのさ、ここでできないとその後も一生できませんよ。というか、あらゆることに関して何もできない人になりますよ。だって、この程度のこと調べれば簡単に分かりますし。

いやいや、そうは言ってもそんなことができなくなるくらいSAN値が削られているんだよ・・・というなら、そもそもそんな状態にまで自分を追い込んだ自分自身の管理能力のなさですし、それが本当にそうであれば一刻も早く反省してそれを止めないと、やっぱり永遠に同じことの繰り返しになりますよ。

代行業者側はそれなりに労働基準法に関する知識があって、仮に先方が法を逸脱しそうなことを言ってこようものなら間違いなく食いにかかると思います。それを盾に淡々と交渉をしているだけの話なので、自分でもそれができれば退職代行なんてものが流行るはずがないんですよ。

あ、あと割とよく聞くんですが、「労働基準監督署に行って最悪のケースで会社がなくなってしまうと、そこで働いている人たちが職を失うことになるから行けない」というのがありますが、そんなこと知ったことではありません。というか、法を逸脱しないと存続できない会社なんぞに社会的価値はありませんから潰してかまわないです。変なところで武士の情けなんか必要ありませんよ。よく分からないところで変な情があるのがなんとも日本人らしいと言えばらしいんですけどね。アメリカ人だったら間違いなく、あんなクソな会社訴えて今すぐ潰してやるぜ、ふ〇っく!とか言いますよ(笑)