ああ、大戸屋・・・

www3.nhk.or.jp

へぇ(なんだよその始まりかたはw)

いや、大戸屋って子供が産まれたばかりのころはよく利用していたんですよ。お弁当のテイクアウトで、ですけど。まだ鳥取にいるころのお話です。他ではなかなか食べられない焼き魚などの和食が食べられるので個人的には好きなお店ではあるんですけどね。

だがしかし!

maonline.jp

なんだか知らないところでお家騒動やっていたみたいですね。ああ、これだから家族経営は・・・な~んて、一般の人にはどうでもいいお話ですよね。ちなみに僕にとってもどうでもいいお話です。だって、別に株主でもなんでもないですから!

という超どうでもいい伏線を張った上で、ですね・・・

大戸屋は、ことし2月にアルバイト従業員が不適切な動画をネットに投稿した問題をきっかけに利用客が減少し、この問題が発覚して以降、毎月の売り上げが前の年の同じ月を下回る状況が続いています。

う~ん・・・それって本当に因果関係あるのかい?

ここでさっきの超どうでもいい伏線が効いてくるわけですが、だいたいお家騒動とかで内部が揉めていると影響力の高い人達って指揮が落ちるんですよね。そういうのって割と現場にこういう形で影響が出たりするものなんですよ。ちゃんと調べたわけではないですが、この内部で揉めている間は離職率が高かったりしたのではないでしょうか。

あとそこにさらに上乗せで因果関係があるかどうかは分からないですが、つい最近大戸屋に食べに行った妻からの情報によるととっても不味かったらしいんですよ。大戸屋ってあの手のファミレスチェーンの中では一回り上に抜きん出ていた感じがあって、不味いという感想が出てくるなんて夢にも思わないわけです、価格帯的にも。

ただ、こちらに関しては上昇する人件費に対して、元から(競合のチェーン店から見ると)そこそこの高価格帯で展開していた関係上、人件費が上がったからといって単純にこれ以上価格を上げるとファミレスとしては高価になりすぎて客離れを起こしてしまうので価格転嫁したくてもできず、結果としてクオリティを下げることでしか維持することができなかった(でも不味くなったので最終的にはやっぱり維持できなかった)という可能性もおおいにありえます。というか、僕はむしろこっちの要因のほうが強いんじゃないかなーと思うわけです。じゃないとおおよそ不味いなんて感想が出てくるはずがないわけで。

いや、でもよくよく考えたら大戸屋よりもはるかに高い価格帯で営業しているチェーン店ありました。ロイヤルホストってのが。

結構岐路に立たされている感じはありますが、コロワイド傘下に入ってしまったのであれば規模と金にモノを言わせてジャンジャン増殖する可能性はありますね。フレッシュネスバーガーがそうであるように・・・。